フィラリアは予防すれば100%防げる病気

フィラリア症とはどんな病気?

フィラリア症はわんちゃんの心臓や肺の血管内に寄生し、血液中の栄養分を吸う細長いそうめんのような白い虫です。

感染すると心臓・肺はもちろんのこと肝臓・腎臓などにも異常をきたします。

わんちゃんのフィラリア症は発見が遅れると死に至る確率の高い大変恐ろしい病気です。

フィラリアは蚊の発生する時期に合わせてこの地域では5月から11月まで注射やスポットタイプ(背中に付けるお薬)または飲み薬の予防が必要です。

フィラリア症はわんちゃんの病気と思われがちですが、ねこちゃんもフィラリアに感染します。

わんちゃんとは違い検査で発見しにくく、病状も他の病気と区別しづらいことが多いです。無症状なことも多く突然死に至ることもあるので、ねこちゃんもフィラリア予防していつまでも健康に過ごせるようにしましょう。

ねこちゃんのフィラリアの予防薬は背中に付けるタイプのお薬です。

このように舐めても届きづらい背中に付けてあげましょう。室内飼育でも感染した事例があるので、外に出ないねこちゃんにも予防してあげましょう。

当医院ではフィラリア予防薬を安全に投与していただくためにフィラリア血液検査を推奨しております。

フィラリアに感染した状態でフィラリア予防薬を投与すると、体に異常をきたし死亡する場合があります。

前年の飲み残しや体重の増加、減少がある場合も含め毎年投与を始める前には獣医師の診察を必ず受けてください。

※フィラリア予防薬は薬事法で獣医師の指示なしに処方することのできないお薬となっています。

次の記事

〜8月の臨時休診日〜